メインイメージ画像

無線LANのアクセスポイント拡大でどこでもネットが楽しめます

昔と時代が変わって来たことにより、インターネットを使うことが前提の企業が増えてきており、それに伴い、無線LANのアクセスポイントが急増しています。いつでもどこでも、気軽にインターネットが利用できるようになることを目指し、飲食店や公共施設などをはじめ、無線LANを使える場所が増えてきました。これにより、外で仕事をするビジネスマンは場所を選ぶことなく、インターネットに接続して作業ができるようになり、それが仕事のスピードアップにつながっています。また、無線LANを使用するのは、何もビジネスマンだけではありません。

その他にも、携帯ゲーム機器を使用してゲームをする若者たちがいます。若者たちは、自宅でインターネットに接続できれば、公共のアクセスポイントを利用する機会はあまりありませんが、それ以外のケースだと、無線LANのアクセスポイントを使用してインターネットへ接続し、コンテンツを利用しています。それは、ゲームのダウンロードはもちろんのこと、本体機器のアップデートやインターネットによる対戦など、その用途は多岐に渡っているため、外でよくスマートフォンを使っている場合には、とても身近な物なのです。

五年くらい前は、有線LANが普及しており、それが最先端だったのですが、今では、wifiが当たり前かつ標準化されつつあります。

ITテクノロジーの進化は、非常にスピードが早く、すぐに一般的になっていくという特徴があります。それでも、現在はまだどこでも無線のLANができるわけではなく、それなりに限定されているのは確かです。

しかし、近い将来アクセスポイントはさらに増えて、どこでも無線LANを活用できるようになります。

それは、そんなに遠くない未来で、日本でも都市部では、すでに実現しています。それが、全国的に展開されるのはもう少し先かもしれませんが、さほど時間はかからないです。このように、無線LANの拡大は現在広がり続けています。

更新情報