メインイメージ画像

無線LANの設定はインストール型ディスクを利用すると便利です

PCをネットワークにつなげる場合、特にインターネット周りの設定は、面倒です。最近は、有線接続だけではなく、無線LANの設定を行うこともあり、機種やメーカーによっては、かなり複雑で面倒な作業です。さらに、最近では、有線LANの接続端子をそぎ落として、簡易化されたPCも出てきているので、無線LANの設定が難しい方にとっては、非常に大変な作業です。しかし、無線LANはコードレスなので、非常に利便性が高いですし、スマートフォンあるいはタブレット端末などを同時にネットに繋ぐことが出来るので、生活がすごく変わるほど便利になります。

ここでは、そんな無線LANの設定について解説します。無線LANの設定は、当然ながら各メーカーによって大きく異なります。また、パソコン側の設定も必要なので、OSや年代によっては、操作方法がガラリと変わってしまう場合があるので、人に聞いてもよくわからない、という事も多々あります。

そのような中で、お勧めの設定方法は、無線LANの簡単設定機能を活用することです。これは、多くの無線LANにあるインストール用のディスクですが、パソコンへインストールすることによって、簡単に面倒なネットワーク設定を自動で行うことが出来ます。さらに業者によりますが、パソコン側の設定だけでなく、インストールされたパソコンのアプリ経由で、無線LANそのものの設定も完了させることが出来るので、手間はほとんどゼロに近くなりました。

また、分厚い説明書を読むことが苦手な方にとっても、インストール用のディスクは有効です。多くの場合は、画面に接続すべき端子や入力する項目が、分かりやすい解説とイラストと一緒に表示されるので、およそ何も考えることなく関連付けを終えることが出来ます。


今までは、プロバイダの設定は業者に来てもらったり、電気屋の方に来てもらったりと大掛かりなものでしたが、近頃では、こうした簡単な方法であっという間で終わらせる事が可能です。

更新情報